バストアップ

イソフラボンでバストアップする方法

形のよいバストラインは、女性の目から見ても魅力的ですね。
そんな姿に憧れている女性も多いのではないでしょうか。
更年期障害の軽減や骨粗しょう症の予防など、健康への高い効果が期待されているイソフラボンですが、実は美容面への効果も高く、バストアップに対してもそのパワーを発揮することが知られています。

なぜ、イソフラボンでバストアップが可能なのでしょうか。
その疑問に答える前にまず、女性の乳房について説明します。
女性の乳房は、そもそも赤ちゃんに母乳を与えるための器官です。
乳房の内側には乳腺という母乳を作りだす組織があり、その乳腺の周りは脂肪で覆われています。
柔らかな脂肪で乳腺を保護しているのです。
この乳腺を発達させることが出来れば、脂肪も発達し、バストアップにつながると言えます。

では、どうやれば『乳腺』を発達させることが出来るのでしょうか。
ポイントは、体内で分泌される女性ホルモンの一種、エストロゲンです。
乳腺を作る細胞は、その周りにエストロゲン受容体という構造を持っています。
このエストロゲン受容体というのは、いわば鍵穴です。
この鍵穴に、鍵であるエストロゲンが差し込まれることによって、乳腺細胞は刺激され、増殖する仕組みなのです。
つまり、エストロゲンが増えれば、乳腺細胞も増え、バストは大きくなります。

ですが、体内で分泌されるエストロゲンを増やすのは難しいですよね。
でも、もしエストロゲンの代わりをしてくれる成分があったら、どうでしょうか。
その成分こそがイソフラボンなのです。

イソフラボンは、その科学的構造がエストロゲンのもつ科学的構造と非常に似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれる成分。
エストロゲンの代わりに乳腺細胞と結びつき、増殖を促し、張りのある豊かなバストを作り出す効果あるのです。
もちろん、イソフラボンだけでバストアップが可能なわけではありません。

例えば、肉・魚・卵などに含まれているタンパク質は、身体を作るのに欠かせない成分です。
アミノ酸は、女性ホルモンの分泌を促進しますから、バストアップに有効であると考えられます。
タンパク質や脂質の代謝を促すビタミンBは、卵・レバー・うなぎなどに多く含まれています。
バランスのとれた食品から、様々な栄養素の効果を得ることも、バストアップには欠かせません。